シトロエンDS日記

シトロエンDSを中心とした自動車関係のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

CIBIEヘッドライトカバー


部品捜索依頼中に知ったのですがシビエ製ヘッドライトカバー表面にあるこのマーク、実は仕様によって3ヶ、7ヶ、10ヶあるようです。
  1. 2010/04/16(金) 03:07:10|
  2. DS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

40歳

2010年はSM/GSが40周年ですが、我がDSも1970年式。
なので今年で40歳(!)を迎えます。
2003年に海を渡って日本に来てから早7年!ちょうど今頃の寒い時期にF氏宅を訪れたのがつい先日のような気がします。この7年で約3万キロを走行しましたが、少し前にも書いたように調子はすこぶる快調、40年の年月も感じさせず、驚異的な事だと思います。
ひとえに車輌自体の素性が良かったのと、主治医の適切なメンテナンスの賜でありますが、やはりDSという自動車自体が優秀だったことの証明ではないでしょうか。
勿論現代の自動車と比較すると消耗品扱いの部品は多いですし、それなりに気を遣ってあげる必要はありますが、それを理解していれば十分に現代でも実用に耐えうる自動車です。
ちなみに中古車情報サイトを見ても1973年以前の国産車というのは数える程しか残っていません。
自動車文化の違いを鑑みても、いかに当時の技術力に差があったかの証明かと思います。
さらに部品の心配も要らずに気兼ねなく運転できることを嬉しく思います。
初期モデル誕生から55年、最終モデルでも早35年が経ち、年々程度のいいモデルは少なくなってきています。
折角為替が円高になったものの、残念ながら程度の良い物の相場は上昇傾向にありますので、リーズナブルな価格でDSに乗ろうかどうか迷われている方は是非今のうちに入手されることをお勧めします。
そのうち手が届きにくくなるかも知れません?
  1. 2010/01/13(水) 23:02:45|
  2. DS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

2010年乗り始め


2010年、ようやくDSを動かしてみました。
ここ最近の急激な寒さでバッテリーが心配でしたが、無事に一発始動。
少し乗っただけですが、調子は相変わらず好調でほっと一息です。
ただ昨年来全く洗車をしていないのでちょっと可哀想。。
話は脱線しますが欧州も猛烈な寒波に見舞われているようで、朝のニュースでは雪景色のパリが映っていました。
F氏の家も雪に埋もれてそうです。
  1. 2010/01/09(土) 00:00:21|
  2. DS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

女王陛下の国より


OH中のT氏のDS21用に1点だけ欠品で待っていた小さなシール。
投函日は11/11、英国から3週間経ってようやく届きました。。。
あまりにも届かないので、保険として先週他所に頼んでいたのが昨日届いていたのですが。。。
まぁ、こんなもんでしょう。
小さな部品とはいえ、足りないと組み上がりませんし、急いでる時に限って間違ったモノが送られてきたり。。
いずれにせよ、大変長らくT氏と主治医を待たせていましたので速達で送っておきました。
  1. 2009/12/02(水) 22:52:48|
  2. DS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

DSM燃費(その1)


早いもので今日から師走。街中は早くもX'mas色に染まってきました。
さて今回は2台のSMとつま恋迄走ることに。
道中、1000円割引の影響で通行量は多め。
多いのはともかく、昔と変わらず追い越し車線をキープする車両(特にワンボックス)が多いのには閉口します。
それでも新名神、湾岸道と車線数が多い新しい道のお陰でそこそこのペースで走りきりました。
中途半端なガソリン量で出発したため、往復計2回給油しましたが2回目の給油では約8.5km。
4000rpm巡航をしていたのでまぁこんなもんでしょうか。
最近DSに乗れていないなと思い返すと長距離は昨年のDSM11以来!
1000円割引(正確には阪神圏を走行しているので1850円)の恩恵を初めて受けれた
長距離ドライブとなりました。
  1. 2009/12/01(火) 23:28:08|
  2. DS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

DX2エンジン


こちらは68年9月からDS21に搭載されているDX2エンジン。(2175cc、115hp)
大体エンジンを降ろしてみる所まで作業をすると、細かい部分に気になる点が見つかり、追加で部品手配することが多いですね。しかし、ここまでばらしているとついで作業ですし、後にその部分だけ交換となると非常に高い物になりますので、多少時間が掛かっても今やるのが正解でしょう。
この週末はフランス車の祭典FBMですね。今年も多くのフランス車が車山に集結していることでしょうね。
  1. 2009/10/31(土) 22:34:11|
  2. DS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。