シトロエンDS日記

シトロエンDSを中心とした自動車関係のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

MICHELIN生産国

タイヤ交換中にミシュランタイヤの生産国を見ているとMade in France(最近少ないが)を筆頭にEU諸国(Spain等)がありますが、さらにはChinaやThailand製もあります。
これらタイヤはCD目的に作られており、他のミシュランとは残念ながら似て非なるモノである、という厳しい意見を。。。
まぁ経営的に見ればCDして安く供給して競争力をあげるというのは間違っていないのですが、、

しかし問題はEUと「同じ物を安く造る」ためにアジア諸国で生産しているのではなく、「安いタイヤを造るため」に生産している、という所に問題があるのだとか。
やはり芯円度や絶対的な性能等で多少見劣りするようです。
(とは言っても大半の人には分からないと思いますが。。)
今の世の中、自動車ですら世界各国で造られているので気にしてはいけない!というのはサラリーマン営業の言葉で、自動車趣味人としては立場が変わると思います。(車は「同じ物を安く造る」コンセプトでしょうし)
現にこれらのタイヤは日本を含むアジア市場専売品で、日本車をターゲットにしたものだとか。よって外車に履かすとバランスが取れなかったりするようです。
言い換えれば、
・タイヤ性能にシビアな足回りを持つ欧州車。
・どんなタイヤでも履きこなす(鈍感な?)日本車。
 (=国産車であればChinaやThailand製のミシュランでも十分。欧州車ならば1割高くてもEU製のミシュランがお奨めだと)

まぁどう感じるかは皆さんにお任せしますが。。。
ここ数年タイヤ価格は相当値上がりしましたが、やはり舶来タイヤを履くならEU産がいいな、と私は思います。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/27(金) 00:10:24|
  2. 自動車一般|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

ブランドタイヤのミシュランを
安く買えるとといえば、
コストコの年一回のセールが有名ですが
(稀少品だとない場合もあります)
タイ製が結構混じってて、
いちいち確認しないといけないのが面倒なところ。
以前調べたら、全然違うみたいですね。
タイヤって生ものだからなとも思ったりします。
  1. 2007/04/27(金) 16:54:40 |
  2. URL |
  3. マルセー #-
  4. [ 編集]

re:生モノ

話しを聞く限り、明らかにアジア製銘柄(例えばPreceda pp2)があるのでそれらだけを避けるようにすればいいのではないでしょうか?Preceda pp2ですと日本製もありますが、恐らく一緒でしょう。
田原工場で生産されたからお安く求められるC4を買うか、と言われると迷うのと同じでしょうか。
タイヤの製造工程は詳しくないので何とも言いかねますが明らかに見る人が見れば全然違うようですね。
また生モノである事は確かなのでどんなタイヤであってもずっと屋外で放置されていたタイヤは格安でも手をだすのを避けるのがセオリーです。
  1. 2007/04/27(金) 22:47:17 |
  2. URL |
  3. ds21-noir #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dsami.blog4.fc2.com/tb.php/820-75689f46
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。