FC2ブログ

シトロエンDS日記

シトロエンDSを中心とした自動車関係のページです。

DS維持費用

繰り返しになりますが、どうせいつかDSに乗るなら少しでもリーズナブルに維持したいという方の為に部品調達面でのアドバイスをしたいと思います。
全て丸投げしてもいいですが、やはりコストが掛かります。
金も時間もあるからそれでも構わないよ、という方は本日は読み飛ばして下さい。
●部品調達 その1
 国内外問わず自分で部品調達ができるか(又は頼れるルートを持っ
ているか)どうか。
 理由:何より部品が一番重要。
    また急ぎの時でもすぐ入手できるルートがあるかどうか。
ネット時代、一番安く、早いのは自分で手配する事です。
言葉・支払い等の面で不安がある場合は信頼できる店や人に任せる事でしょう。     

●部品調達 その2
 パーツリストが読めて、品番で注文ができるかどうか。
 理由:どうしても年式によって細かいスペックの違いがあります。
    特に生産年と登録年がずれている場合がややこしい。
    (部品名で注文して細部が異なった場合トラブルの元ですので。。。)

●部品調達 その3
 余裕がある時に少しずつ集めておく。
 理由:世間一般的に言って、我々が乗るような車の部品は
    急ぎで欲しい時に限って欠品になっているものである。

●自分で判断できるか
 どこまでを作業してもらうか、その見極め(というか判断)ができるか。

  理由:日本人が一番弱い(と思われる)「決断力」。
    フルコースで任せたら当然高いものになります。
    店からすれば言われた部分以外も保険にと思って交換して、何
も無ければ「高い」と言われる。
    逆に言われた部分だけやって、何か起きれば「何でやらなかっ
た」、となる。
残念ながらDSに限らずこのような客が増えている事は事実です。であれば、店からすれば言われた事だけをやって後は知りません、とする方が賢明であることは火を見るより明らか。特に予算が少ない時にどっちを優先して行うか、といった時の自己責任・判断を取れるかどうかです。

●その他
 最近は世界中の情報がリアルタイムに入手できるが故の、頭でっかち
な弊害も出てきていると思います。
 自動車でも部品でもそれ意外でもそうですが、
 「海外サイト表示価格*ヤフーファイナンスの為替レート」という単純
計算式だけで物事は判断できません。
  銀行送金レートやカード決済レートはネット上の表示為替より数円高
いですし、送料は勿論ピンキリ、消費税も関税(何故か掛かる時と掛
からない時がありますが。。。)も要ります。
  自動車屋さんでしたらそれに諸経費+様々なコスト+さらには間違っ
たモノが送ってくるというリスクも。
  その上でようやく利益、という話になるのですから。。。
  また同じような部品でも2CVのを入手するのとTRACTIONやHYの部品を
入手するのとでは手間も全然違います。
  よって上述の単純式だけで金額を想像し決めつけるのは銀座の鮨屋の
カウンターでネタの原価を聞いているのと同じ位野暮な事というこ
とを理解する必要があると思います。
スポンサーサイト



  1. 2006/09/05(火) 22:08:53|
  2. 間違いだらけのDS神話|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

コメント

結局は・・・

 結局は、DS(旧車)に対する理解と、
思い入れとサイフの余裕が有れば何とでも出来るのですが、
「仲間」の存在も大きいですよね。

「DSに乗りたい」と思っていながら踏み切れない人の
かなりの割合が、30年以上も前の機械に対して

「部品はあるのか?」「壊れないのか?」
「車両保険は入れないんでしょ?」
「出先で壊れてもそこらへんでは直してもらえないでしょ?」
「家族が乗れない。」

等々が解決出来ないのでしょう。
セルシオ買うなら完調のDS買えるんですけどねぇ。

 でも、「普通の人」はまず、「どこへ行けば買えるの?」
ってのが第一関門かも・・・

そうなると管理人さん、思い切って・・・・
  1. 2006/09/05(火) 23:20:55 |
  2. URL |
  3. RI #XZCHBuI.
  4. [ 編集]

re:

基本的に30年以上前の外国の車などこの国では好きで情熱がないと乗れない車ですし、間違っても人に勧められたり、嫌々乗る類の車ではないでしょう。

田舎の山中で止まったらすぐ直してもらうのは難しいでしょうが、万が一の時のリスク(金銭的負担)を少しでも低くするため、故障時の補償付保険に入ったり創意工夫をしている訳です。
(ちなみに今入っているのはJAFとの組み合わせでレッカー距離無制限)

幾ら我々が「部品はある」「壊れない」と説いても信じない人達はその方が幸せでしょうから、そのまま解決せずにそっとしておく事がいいかと。。。
(恐らく信じたくないのでしょう。昔読んだ雑誌にはそう書いていなかったら、と)

ネガティブな考え方ばかりしてもhappyにはなりませんし、何より旧車には多少の苦労なんぞ吹き飛ぶ魅力がある事を知っているからこそ、皆さんはまっているのではないでしょうか。

楽しいカーライフにするには何をすべきか。
それを考えるだけでも楽しいことかと思います。
  1. 2006/09/07(木) 20:13:17 |
  2. URL |
  3. ds21-noir #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2010/09/27(月) 02:48:47 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dsami.blog4.fc2.com/tb.php/602-6f99303c