シトロエンDS日記

シトロエンDSを中心とした自動車関係のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

【続】アイドリングストップ運動

昨日の続き
折角、公共放送を使っているのですからもっと色々な発想を問題提議してもらいたいです。

例えばディーゼル乗用車は我が国でもいよいよ秋からMBがデビューします。PSAグループはディーゼル乗用車は勿論の事、更に一歩進んだディーゼルハイブリッドを2010年にデビューさせる予定だとか。
コンビニに売っている雑誌に載っているような内容や島国の理論ではなく、グローバルな視点で世界の動きを調査して、情報発信してもらえたら価値があると思います、FM802。
何せ今時ガソリン車を喜んで買っているのは世界的に見ても日本人だけですから、、、
そんな時こそシェア下位に沈んでいるメーカーにとっては最大のビジネスチャンスと思うのは私だけでしょうか。
昨年のFBM、CJが来ていたのでディーゼル売るべきだろうと言った所、日本ではどうせ売れないので売らない、という返答。私に言わせれば「売る気が無い」のではなく「やる気が無い」です^^。
売ったことも無ければ、売ろうともせずに「売れない」というのは最初からやる気ゼロの証拠。売ってみたけど売れなかった、という言葉であれば仕方ないな、となりますが。
誰も売っていないから先駆者になってやる位の戦略でないと、ハード的に差別化が図れない今日の状況ではもはやどうしようもないと思います、、、
そうすれば「環境ディーゼルならシトロエン」というブランドになりえたかもしれない、昨秋なら。
CJさんはどう思っているんでしょうね?
まぁ、たまたまその場にいた担当氏の個人的な見解かも知れませんが、いずれにせよプロの態度してはどう考えてもビジネスチャンスを自ら放棄しているとしか思えない、大いに恥ずべき態度でした。

で、2010年頃にディーゼルが一般に普及してきた頃に遅ればせながらラインナップに備えた所で特に目新しくもなければ秀でている訳でもない、という事でその他大勢に埋もれるだけ、という末路が目に見えています。
いずれにせよ欧州を始め世界のスタンダードになろうとしている車を
楽しめない自動車王国でもあるこの島国、というのも誠に残念な限りです。
スポンサーサイト
  1. 2006/05/17(水) 18:12:12|
  2. 自動車一般|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

まさにそのとおりですね。
トヨタのビッツでも(ヤリスですかね)ディーゼルがあるし
あの、ホンダでさえも自社開発のディーゼルを搭載している車があるのに日本では発売していない・・・
CO2・低燃費で言えば、ディーゼルはとてもよい資質を持っているのに残念ですね。
ボッシュが日本で、ディーゼル搭載車の試乗会をプレス相手でやってるようですが
大変好評のようですね。

もう、黒煙を吐いて、ガラガラ音を立て、鈍足なディーゼルは存在しません。
下手なガソリン車は、その大きなトルクによりバックミラーの粒となってしまいます。

今年のルマンに、ディーゼル車がエントリーしているような噂を耳にしました。
結果が楽しみです。
  1. 2006/05/17(水) 20:23:20 |
  2. URL |
  3. さぬきうどん #-
  4. [ 編集]

ディーゼル

シトロエンを選ぶ人は、ディーゼル受け入れると思いますけどね。C6の日本デビューのラインナップにディーゼルがあれば、売れる気がしますけどね・・絶対にビジネスチャンスですよね。
BS朝日で放送の、CGTVは、ボッシュがスポンサーで、ディーゼルのCMが放送されてます。ランチアのイプシロンと、メルセデスが登場します。ボッシュは日本市場に力を、入れているんでしょうね。
  1. 2006/05/17(水) 22:24:37 |
  2. URL |
  3. xantia youhei #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dsami.blog4.fc2.com/tb.php/487-d09f7e46
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。