シトロエンDS日記

シトロエンDSを中心とした自動車関係のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

オイル交換

chevron.jpg

初めて自分でDSのオイル交換を行うことにしました。
当時の日本語マニュアルを見ると冬期のオイルは10W-30が指定。
少し柔らかいかな?と思いましたが指定通り入れることに。
CITROENにはTOTAL、と言いたいところですが近所ではTOTALの鉱物油なぞ売っている所を見かけませんし、ディスカウントストアで米国産Chevronオイルを買ってみました。
ネットで見る限り評判も悪くないですし、4Lで1000円程度という価格は魅力です。先日もう1台に同じく米国REDLINE社のオイルを入れてその性能にはびっくりした所でしたので、別に米国産に悪い印象はもっていないのですよね。
話によるとオイルは日本市場が高すぎるだけでアメリカではミネラルウオーター並の価格が相場とか?
確かにアミの整備記録を見てもリッターあたり5ユーロのオイルを使用しています。

さて作業は車高を上げて、安全対策にホイールをかましてドレンを緩めます。
廃油は廃油処理箱に入れていき、その間にドレンワッシャを熱して型崩れを直します。
油が抜けたらドレンを締めて新油を入れるだけ。
30分もかからず終わりました。

安いとは言え、性能はいいようで特に不具合も無し。
(新油効果もあるでしょうが、)エンジンも少し軽く回る気が。
廃油箱入れても1500円でお釣りがきますし、これをコマメに3000km毎に使うのもいいかなと思っています。(55428km)
スポンサーサイト
  1. 2005/02/27(日) 14:34:39|
  2. DS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dsami.blog4.fc2.com/tb.php/26-f6d0960c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。