シトロエンDS日記

シトロエンDSを中心とした自動車関係のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

40歳

2010年はSM/GSが40周年ですが、我がDSも1970年式。
なので今年で40歳(!)を迎えます。
2003年に海を渡って日本に来てから早7年!ちょうど今頃の寒い時期にF氏宅を訪れたのがつい先日のような気がします。この7年で約3万キロを走行しましたが、少し前にも書いたように調子はすこぶる快調、40年の年月も感じさせず、驚異的な事だと思います。
ひとえに車輌自体の素性が良かったのと、主治医の適切なメンテナンスの賜でありますが、やはりDSという自動車自体が優秀だったことの証明ではないでしょうか。
勿論現代の自動車と比較すると消耗品扱いの部品は多いですし、それなりに気を遣ってあげる必要はありますが、それを理解していれば十分に現代でも実用に耐えうる自動車です。
ちなみに中古車情報サイトを見ても1973年以前の国産車というのは数える程しか残っていません。
自動車文化の違いを鑑みても、いかに当時の技術力に差があったかの証明かと思います。
さらに部品の心配も要らずに気兼ねなく運転できることを嬉しく思います。
初期モデル誕生から55年、最終モデルでも早35年が経ち、年々程度のいいモデルは少なくなってきています。
折角為替が円高になったものの、残念ながら程度の良い物の相場は上昇傾向にありますので、リーズナブルな価格でDSに乗ろうかどうか迷われている方は是非今のうちに入手されることをお勧めします。
そのうち手が届きにくくなるかも知れません?
スポンサーサイト
  1. 2010/01/13(水) 23:02:45|
  2. DS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

コメント

DS,SM
今でも十二分に通用する車。
(場所によれば、今の車以上でもあります。)
私が感心するのは、そのパーツが今でも入手可能だというところですね。

その当時の国産車
パーツ入手ができず手放す方も多いと聞いています。

やはり自動車文化の違いなんでしょうね。
  1. 2010/01/17(日) 10:09:39 |
  2. URL |
  3. さぬきうどん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dsami.blog4.fc2.com/tb.php/1401-9977101e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。