シトロエンDS日記

シトロエンDSを中心とした自動車関係のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

クラッチレリーズOリング


DSのクラッチレリーズのOリングは全生産期間を通じて3種類あるようです。
最近ではテフロン加工されたリングとの組み合わせタイプが主流のよう。
この場合、ピストンに傷が入っていなければ問題が無いのでしょうが、生憎私の場合、ピストン側に薄い縦傷が入っており、テフロンが為にそこから漏れが発生してしまう模様。
国内で調達してもらったOリングでも、若干漏れています。
今回は高速主体で、走行している限りにおいてはこの部分には負荷が掛からないので大丈夫だろうとの主治医のコメント受けて、LHMの量に注意しながら走ることにしました。
結論的には往復600km近く走って、気持ち量が減った程度。
ゴムのOリングにするか、リビルト済みのシリンダと交換するか。
とりあえずOリングで再度トライしてみようと思います。
スポンサーサイト
  1. 2008/11/30(日) 23:48:25|
  2. DS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dsami.blog4.fc2.com/tb.php/1260-55208eb1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。