シトロエンDS日記

シトロエンDSを中心とした自動車関係のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

GSの内装


これまた奇跡的に程度のいい内装。
子供の頃、この車内で過ごした筈なのですが残念ながら細部まではいまいちよく覚えていません^^;

覚えているとすればバカンスの帰りか何かでオートルートで同じく家族全員乗ったCXとの競争となり、
子供ながらCXの方がシャープで格好いいな、と思った事でしょうか。
ちなみにその競争の結末はパリ手前の料金所の渋滞で我が家の列の圧勝となり、CXのパパがボディリアクションで悔しがっていたのは鮮明に覚えています^^。
ゆとりよりどんなとこでも競争する、その結果一般道でも本気で走る国民性が大事だと思います。
スポンサーサイト
  1. 2008/08/13(水) 00:06:30|
  2. GS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

コメント

Re:GS

いや~、美しいです。
幼い頃の僕にはわからなかったと思いますが、
いまならはっきり言えます!!
  1. 2008/08/14(木) 03:12:57 |
  2. URL |
  3. ds_nakameguro #-
  4. [ 編集]

亜熱帯には・・・・

やはり、亜熱帯の日本で70年代デビュの
シトロエンが良いコンデションで残るのは相当の愛情を注がないと難しいのかも知れませんね。
新車から日本に有ると言われる1015GSクラブなんて、ステアリングホイルが溶けて、見るも哀れな様相だったり、洒落たへリンボーンのシート地も”当初は?そうだったのかな?・・・”と思わせるたり・・・。それはそれとして”それぞれの車にそれぞれの歴史が有って、そして今が在るんだろう”ということなんでしょうね
  1. 2008/08/16(土) 20:50:10 |
  2. URL |
  3. myn #HmTfQAuo
  4. [ 編集]

DSのテープ巻き(と言うのか?)やSMのウレタン(?)製も同様ですが、ステアリングホイールの状態が、その個体の保存状態を表すバロメーターと言えますね。
  1. 2008/08/19(火) 05:53:55 |
  2. URL |
  3. komo@sm #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dsami.blog4.fc2.com/tb.php/1192-b886e0e7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。