シトロエンDS日記

シトロエンDSを中心とした自動車関係のページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ETC

DSにETCを取り付けることをついに決意しました。
ハイカ・回数券の強制廃止という国ぐるみの策略(?)に屈したくは無かったのですが、実際廃止されると割高感がありますし、各種割引も充実し出しているのでこの際踏み切りました。
最初から割引制度やハードの支給補助等を充実させていればもう少し普及も早まったと思うのですが、所詮自分で車を運転することも無く、乗り心地の悪い国産リヤシートに座っているだけの役人に期待する方が間違っています。
 話を戻しますと、アミのように小型+スライド窓なら左ハンでもまだいいのですが、DSは横幅があるのと手動回転式窓ですのでやはり料金所では不便です。
 今回選択した機種はインテリアのデザインを極力損ないたくないのでアンテナ分離式の一番小型タイプを選択。
とりあえずセットアップだけしてもらい、取付は後日自分ですることにしました。(どうせETCカード待ちですんで)
ETC.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/03/31(木) 23:15:32|
  2. DS|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

純正部品パッケージ

benz-package.jpg

車屋にあったベンツ純正部品のパッケージ。
ちゃんとした包装に偽物対策でしょうか、ホログラムまで貼り付けられています。包装一つにここまで気合い入っていることに少し驚きました。
普通は箱かビニール袋に入っているだけと思っていたので。。。それとも今はこれが高級車メーカーと呼ばれるメーカーのスタンダードなのでしょうか??私的にはどうせゴミとなるこのような所にはコスト掛けずにした方がいいと思いますが。そもそも普通のユーザーの目にはほぼ100%入らないと思いますので。。
それとも掛けないとダメな位、偽物が出回る業界なのでしょうか?
  1. 2005/03/30(水) 00:40:30|
  2. 自動車一般|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

アースケーブル

アミ用アース線が届きました。
色は青を選択してみました。製作はいつものミトスさん。
1cm単位でオーダーできるのでお金も部材も無駄なく済みます。ムダのない寸法測定方法は実際に糸を這わせて実寸測定するのが一番です。
早速取り付け、と行きたいとこですが少々多忙なのでまたの機会にしたいと思います。

アースチューンに関しては以前程議論は聞きませんが最近の車では効果は殆ど無いでしょうね。あったら最初から純正採用されているでしょう。あるとすればコストの都合でアース線なんかは最低必要源の品で済まされてる事が多いので、その線の効率分良くなる、という位はあるかもしれません。
個人的にはパワーアップ!や燃費向上!といった事は期待していませんし、体感もできないので。。
しかしイタフラの特に旧車に関しては元々効率高い訳でもなく、各部の老朽化も著しいため、多少の効果はあると思います。
(ライトが明るくなる、電圧計が安定する等は確認できています)
ami-earthcable.jpg

  1. 2005/03/29(火) 00:22:53|
  2. AMI|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

異音の原因

購入当初より車高を最低から最高に上げる際に「コツン」という何かが引っかかった様な音がリヤサス周辺から発生していましたが走行には何の支障も無く、車高を上下させる時にだけ発生していたのでそのままにしてました。
昨日リヤブーツを交換した時、その原因を主治医に教えて頂きました。
原因はシリンダロッド先端に付いている球とそれを受けている部分の摩耗が原因でした。長年の使用でロッド側とカップ側、両方摩耗が進んでいたために動作時に玉が摩耗部に擦れる感じで音が発生するようです。
(少し見にくいですが画像はリヤサスを分解した画像です。矢印部分、摩耗で光っているのが判ると思います)
上述のように性能的には何ら問題が無いのでこのままにしておきます。ただ調べた所、部品関係は全て調達可能ですのでどうしても気になる場合は修理可能です。
cylinder.jpg

  1. 2005/03/28(月) 00:05:12|
  2. DS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

リヤサスブーツ交換

父の指摘で右リヤブーツからLHMが少量漏れているのが判明。確かにちょっとだけ路面が汚れていました。
戻り回路で慌てる事もないということでしたので時間が出来た今回、部品持ち込みで主治医に交換してもらいました。
作業自体は小一時間で終了、再び快走です。
シトロエンに限らず旧車はやはり常日頃から気に掛けてあげることと、スペアパーツの確保が好調を維持する秘訣です。
特に部品の場合、欲しい時に限って欠品になっているのが世の常ですから。。。
幾ら好調とは言え、ちょっと汚れを落とすついでに点検兼ねて眺める。このようにほんの少しの気遣いが後に効いてきます。
最近の車ではボンネットを1回も開けることもなく買い換え時期を迎える人もいますが、DSのような車を乗るには最低必要源の心がけですね。
かくいう私も人に指摘される前に気付くよう、まだまだ精進が必要です。。。
rear-boot.jpg

  1. 2005/03/27(日) 00:06:55|
  2. DS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

フランス大統領

JL-bag.jpg

シラク大統領が本日来阪し、大相撲見学したそうです。
明日は名古屋万博見学とのこと。
某サイトのBBSによると万博期間中のフランスの要人車はDSだとか?!もし本当にDSで移動したら話題になりますね。
と、いっても警備安全上、実現は厳しいでしょうが。。。
  1. 2005/03/26(土) 18:03:43|
  2. 自動車一般|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

自動車リサイクル3

recycle.jpg

話は前後しますが先週自動車リサイクル券が届きました。
これであとは車庫証明を取得すればアミを無事に登録できることになります。
月曜日に払い込んで水曜日に届きましたので、全ての作業が約1週間で終わったことになります。郵送にメール便を使っている所も早かった要因と思われます。
  1. 2005/03/25(金) 00:52:43|
  2. 自動車一般|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5

関西人

parking.jpg

京都からの帰り、東寺で即売会(?)が開催されていました。
塀沿いには植木も売っているような感じ。
そんなので人もごった返し状態、路上は路駐の長蛇。その列に京都府警が大捕物。
何も知らずに車に戻ってきたおっさん二人組、自分達の車に取り付けられた黄色の輪っかを見るなり婦警に大抗議!もっとも前後の車も例外なく付けられていましたが。。。
関西人のお約束とも言えるべき光景です。
そういえば昔、大阪でおばちゃん軍団が警官に大抗議するCMがあった気が。。。
  1. 2005/03/24(木) 00:04:01|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

イエローバルブ

往年のフランス車にはイエローバルブが似合うだろうと、4灯ともイエローバルブに交換しました。ハロゲンでない普通のタイプなので光量が心配でしたが全く見えないという訳ではなく、日常ユース可能なレベルで安心しました。4灯同時点灯するハイビームなら尚更問題ありません。後はアーシングを施してどれ位改善するかです。
yellowbulb.jpg

  1. 2005/03/23(水) 00:27:45|
  2. AMI|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

早朝ドライブ

ami6-dealer.jpg

連休中に市内早朝ドライブに繰り出しました。
高速といい、空冷ののどかな音を聞きながらの走りはほのぼのさせてくれます。
ボディも連休でバフ掛け+ミトスコートでぬめっとした仕上がりになりました。市街地での動力性能的には出足こそ少し出遅れますがスピードに乗ってしまえば少し腕に覚えのあるドライバーであれば十分に流れをリードできるのは高速と同じです。
ドライブの途中ディーラーがあったので前に停めて撮影。
C5、C3、C2と豊富なカラーでフルラインナップ展示していました。さすがに36年以上前の車なので殆ど共通点は見いだせませんでしたが。。
  1. 2005/03/22(火) 06:42:38|
  2. AMI|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

中距離ドライブ

JL.jpg

春物が入荷したとの連絡が行きつけの店からあったので初の中距離ドライブテストがてら京都まで一っ走りしてきました。
最近は服の買い物時間無いのでここのTさんに任せっきりです。
気になる走りは若干エンジン音が騒がしいですが難なく120前後で巡航。帰りは宝塚までほぼ全区間全開。おかげでカーボンが取れたのか、IC降りてから心無しエンジンが軽くなりました。
69'AMI6 CLUB、動力性能全く問題無いことが確認できました。

買い物の帰り、烏丸五条の交差点で信号待ちしていると左後方よりキレイな水色メタのBXブレークが接近。運転手はこちらに気付き興奮ぎみ。手を振りながらナイス!とジェスチャー。こちらも手を振る。さらに前を見たかったのか、それとも窓越しに話したかったのか、こちらを向きながら前進を続けるBX。
おいおい、と思ったその瞬間、前のプリウスに思いっきりゴツン!バンパーめり込んでました。BXから出てきたのはピンクのシャツとチーフがお似合いの味のあるドライバー、「隣の車に見とれてたからぶつかったー!」「あんたこんな格好いいの反則やで」と僕にいいながら笑いながらおっさんに謝ってました。プリウスの運転手は憮然としてましたが。。まぁ大したこと無かったです。京都ナンバー水色メタBXブレークの運転手さんご存じの方はお知らせ下さい。
皆さんも前を見て運転するようにしましょう。 【“中距離ドライブ”の続きを読む】
  1. 2005/03/21(月) 17:35:34|
  2. AMI|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

大相撲

sumoh.jpg

大阪場所8日目枡席のチケットをもらったので見てきました。
普段はTVで見るだけですが相撲に限らず何事も生で見るのは雰囲気といい臨場感あっていいもんです。
アミ、アーシング施そうと思い採寸を行いました。シンプルすぎてアーシングポイントが無い。。効果は少しでもロービームが明るくなれば、と思います。
  1. 2005/03/20(日) 18:53:59|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ストラップ

strap.jpg

連休を利用して老朽化していたスペアタイヤ固定ベルトを貼り替えに挑戦。作業はベルトにリベット加工をDIYです。
ノーマルは黒色でしたが明るい色にしてボンネット内を少しカラフルにしてみました。

3月といえば恒例年度末工事。昨今少し減ってますが今日の阪神高速や市内は至る所で工事!清掃とかどう考えても金の浪費としか思えない様な内容に加え、連休初日にやるから余計タチが悪い。どうせなら深夜にやれば払う費用も深夜料金で予算も早く消化できると思います。
  1. 2005/03/19(土) 16:01:38|
  2. AMI|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

コネクター

4灯式DSの内側ヘッドライトはステアリングに連動してメカ的に左右に動作します。
先日右側ライトの配線が切れてしまいました。よく確認すると配線をステー上側から通していたために動作時に干渉して切れてしまったようです。配線を修理して、ステーの下側から通しておきました。
この時代のシトロエンは好んで棒状のオスメス式コネクターを使用しています。老朽化するとガバガバになって抜けやすくなるのが欠点と思うのですが。。。

このライトの配線も例に漏れず抜けやすくなって接触不良気味でしたので少し増し締めして、ついでに湿式の接点復活材を吹き付けておきました。
水置換式のスプレーですと水分が入っても少しは安心ですので、ばらした時には一吹きすることをお勧めします。
cable.jpg

  1. 2005/03/18(金) 19:40:31|
  2. DS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

防錆対策

旧車にとって最大の敵である錆対策に防錆剤「ラストコート」を施行しました。簡単に言うと錆の要因となる融雪剤や海岸沿いの塩と反応することで錆を防ぐというもので北海道の除雪車や某高速鉄道、国産自動車ディーラーでも採用されているとのこと。(通常の防錆剤の強力版、と思えばいいようです。)
先日別件があり会社でテストしましたが、鉄部材においては確かにスプレーした分とスプレーしない分とでは錆の発生状況は遅くなっています。何より嬉しいのは作業が簡単なこと。洗車後下回りにスプレーするだけ。今回は高圧洗車後にスプレーしてみました。
即効果が解る品物ではないですが保険として使用しておけばいいかな、と思います。ちなみに効果は約3年間。梅雨前にでも一吹きいかがでしょうか。(但し既に錆びている箇所に対しては効果ありません)
rustcoat.jpg

  1. 2005/03/17(木) 00:39:42|
  2. DS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

自動車塗装

昨日トヨタの塗装担当エンジニアの講演会を聴講しました。
主に環境対応型塗料と今後の技術推移に関する内容だったのですが、その分野でもトヨタはトップクラスに位置しているようです。話の中で「この環境対応で遅れているメーカーとしては伊・仏の一部メーカー」とありましたが、私のような人間が聞いたらどこかすぐわかるじゃねーか、と思ってました^^。
講演会中、塗装色についての話がありましたので一部ご紹介します。

現在の各国における自動車塗装色のトレンドについて
日本市場
白系・シルバー系が約35%ずつで約70%を占めている。黒・青系が約10%ずつ。
無難色への依存傾向は変わらず。
米国市場
ほぼ各色均等シェアであるが最近はシルバー系が約25%と、上昇気味。
EU市場
シルバー系が約40%と、異常な伸びを示している。
高級車市場を中心に従来にないブームを引き起こしているようで、独車を中心にシルバー系が目に付くのはこのような背景もあるのですね。

ちなみにブラックは各地域で安定した人気を保っているようです。

今後しばらくはシルバーの質感向上や、他社とはひと味違ったシルバー開発に重点が置かれるだろう、とのことで各社どのような提案をしてくるかを見るのも楽しみです。
日本においてはポストシルバーの開発と、市場に受け入れられる有彩色の開発がテーマになっているようです。
最近小型車を中心に思い切ったカラーの採用が増えてるのはこれらが影響しているものと思われます。あとは日本人がどの程度受け入れるかでしょうね。

カラーといえば昔乗っていたLANCIAイプシロンにはKALEIDOSと呼ばれるオプションで100色以上のカラーが選べました。
さすがにコストが掛かりすぎるのか、選択する人が少なかったのか(両方と思いますが)、現行モデルでは廃止されましたが。。。

今後はUV硬化併用型の耐傷性塗料が主流になるとか。(最近出だしていますが)なので、いずれは洗車時に付く傷の心配とは無縁になるかもしれません。まぁ、このような講演会で話すということは既にほぼ100%開発完了し(実用化されるかは別として)、次の技術開発に取り組んでいると考えていいと思います。

確実に技術は進歩している事を痛感した半日でした。
kaleidos.jpg

  1. 2005/03/16(水) 23:41:24|
  2. 自動車一般|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

AMI6ミニカー

ami6.jpg


非売品の珍しい1961年式AMI6ミニカーです。
CLUBとの大きな違いはヘッドライトとテールランプ形状です。
どちらも甲乙付けがたい優秀なデザインかと個人的には思っています。
このミニカー、中国製と思われますが細部まできっちり出来ています。これで中国の人件費のメリットを生かしてもっと安くなればいいのですが。。
  1. 2005/03/15(火) 01:24:38|
  2. AMI|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

最近のシトロエンを見て思うこと

C6.jpg

先般発表されたC6は魅力的ですね。アバンギャルドなシトロエンが復活してきているのを感じます。(私の年齢ではまだまだ似合いませんが)
他のC2,C3,C4も魅力ある製品づくりがされているように感じます。今回顔の変わったC5はフルチェンジに期待です。
やはりデザイン部門のトップ次第ということなのでしょうか。

PSAとトヨタのチェコ合弁会社で生産されているC1はトヨタ品質、という少し別の面で優れていると想像できます。
この車に関しては賛否両論と思いますし、日本で売られる事も無いと思います。しかし個人的にはこの合弁会社でPSA全体の品質は格段に向上すると思います。
天下のトヨタによる「トヨタ生産方式」「カイゼン活動」主導で生産されている筈ですし、何よりも欧州勢として初めて直にトヨタ生産方式にふれているということは間違いなく大きな財産になる筈。そのうちトヨタ式をマスターした技術屋によって他の工場にも水平展開され、他の車種においても品質向上、鬼のコストダウン活動が受け継がれていくと思われます。
1,2年で目に見える効果が出るかどうかは分かりませんが、PSAの物づくりは確実に進歩していくことが予想されます。
つまらない車が出来るのでは?というのは心配無用では。
フランス人のことですのでシトロエン独自の車づくりに日本流Q(品質)とC(コスト)が融合した車になる筈です。
それこそ多くの日本人が待ちに望んだ、願ったり叶ったりの車と思いませんか?
  1. 2005/03/14(月) 20:28:35|
  2. 自動車一般|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

DS燃費&キャブレクチャー

ds-up.jpg


今日は雪が舞う冬装備でないと凍えそうな寒い一日でした。
午後から雪の中神戸のデルタの車屋迄DSでドライブし、主治医T氏にキャブに関してのレクチャーを受けてきました。WEBERとSOLEXの違い等、色々と興味深い話に加え実際にとある車でジェットを変えて試乗して違いを体験してきました。
ジェットの径が0.05mm変わるだけでも違いが分かり、キャブセッティングの奥深さを思い知りました。この店ではこの度150万円(!)した特注の超音波洗浄機を導入。これでキャブを始めとする様々な部品の完全洗浄が可能だとか。
帰りにガソリン給油した所、燃費は約6.6KM/L。
ところで他のDSはどの程度なのでしょうか。

画像は行きつけの四つ橋の美容院「owl」の店内から撮ったショットです。ちょうど店の正面のパーキングが空いていたので。。
きさくなオーナーのSさんにはかれこれ7年近くカットしてもらっていますが、いつも注文は「適当で」で済ますいい加減な客にも関わらず、うまくカットしてくれます。3人姉妹のような店員さんがいる、雰囲気のいい和み系のお店です。 【“DS燃費&キャブレクチャー”の続きを読む】
  1. 2005/03/13(日) 20:38:31|
  2. 自動車一般|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

自動車リサイクル2

先日暖かくなってきました、と書いたら昨日今日と冬に逆戻りです。3月中旬で大阪の気温一桁台とはやはり異常気象。
寒い中、郵便受けを覗くと自動車リサイクル促進センターからの封筒が。Ami6のリサイクル料金決定通知でした。
予想通り一番安い10760円。(情報管理料金130円、資金管理料金380円含む)。まぁ他に取りようのない車ですから^^。
これを払い込むとリサイクル券が送られてくるしくみです。
しかし、思ったより早く届きました。
火曜日に出したので木曜着、金曜発送でしょうか。役所仕事にしては早いのはいいことです。
払い込み以外の業務もこれくらいの速さですと嬉しいですね。
  1. 2005/03/12(土) 18:20:51|
  2. 自動車一般|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

DS50周年イベント

ご存じの方も多いと思いますが、フランスではこの秋DS生誕50周年イベントが開催されます。
先日もらってきたパンフによりますと、
10月6~9日:パリ近郊でDS祭(シトロエンや各種クラブによる車両展示、各種部品の販売、コンクールデレガンス等々)
DS生誕ディナーショー。
そして10月9日午前はシャンゼリゼ通りをパレードが開催されるようです。見に行きたいものですね。。。しかし週末パリで車のパレード見てきました、などと言った日にゃサラリーマンとは150%信じてもらえませんね。。

DS50.jpg

  1. 2005/03/11(金) 20:29:01|
  2. DS|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

HOJYOワイン2

先日お土産でもらったHOJYOワイン空けてみました。
気になる味は想像していたよりしっかりした味。
国産ワインというと軽めの味の印象が強かったために余計驚きました。元々あまり飲んだことも無かったのですが、少しは認識を改めないといけないのかもしれません。
ソムリエ講座という本の中で国産ワインのページがありましたが、その本によると日本のワイン主要生産地は山梨県、北海道、長野県、岡山県、福岡県等と書かれており鳥取県の「と」の字も載っておらず。。。案外かわいそうな鳥取ワイン君でした。

昨日今日とめっきり春らしい気候になってきましたので、
春らしい背景にチェンジしてみました。
  1. 2005/03/10(木) 20:31:02|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

予備車検証

shakenshou.jpg

自動車リサイクル促進センターに送付する為に予備検査証のコピーを取ると「COPY」の文字が浮き上がるタイプ用紙になっていました。こんなところにも偽造防止がなされています。
確か今持っている車検証のコピーではならなかった気がします。
(最近のは知りませんが)
  1. 2005/03/09(水) 22:16:20|
  2. 自動車一般|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

自動車リサイクル

本年1月より新規登録・車検時に自動車リサイクル料金を支払う事になっているのは周知の通りです。
AMI6のように個人輸入車両の新規登録の場合は事前に手続きをしないといけません。
詳しくはwww.jars.gr.jpに詳しく載っていますが、流れとしては
 1.必要書類をダウンロードし、(財)自動車リサイクル促進センターに添付書類と共に送付
 2.金額算定後、振込書が送付されてくるので料金を振り込む
 3.登録時に必要なステッカーが送付される、しくみになっています。
ちなみにこの手の団体のHPにしては最新情報も常にUPされ、珍しく解りやすい内容で親切です。
さてAMI6、推測ですが車重1t以下、エアバッグはおろかエアコンも付いていませんで恐らく最も安い部類に入るかと思います。

ステッカーの交付には予備検査証または並行輸入自動車届出証の写しが必要になります。1~2週間のリードタイムが必要になりますが、SACHIOさんのBBSにも以前書かれていたように無愛想な役所仕事のタライ回しになって不愉快な思いをすることを思えば郵送手続きで済むので考え方によってはいいかも知れません。

ちなみにH16.12迄に登録されていた車両に関しては正規・並行に関係なく既に設定されているので車検時にそのまま車検場で支払えるようです。
(DS21の場合は14450円でした)
http://www.sh-kikaku.com/cgi-bin/bbs/minibbs.cgi?m=e&vne=10&pnm=2
  1. 2005/03/08(火) 22:13:33|
  2. 自動車一般|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

戸隠そば

戸隠はそばの産地でも有名なので、帰りに食してから帰阪してきました。紹介してもらった「よつかど」という店で天ざるそば(大盛り)を食べましたが打ちたてで歯ごたえも良く、天ぷらも絶妙の味で満足でした。
最近のスキー場は人も少なく、今回は天候にも恵まれたのでよい週末になりました。
道中1000キロの間で遭遇したシトロエンは何故かZXが3台。
もしかして密かなブームなのでしょうか?

ちなみにスキー板を外にむき出しで積むのは板を痛める原因になるので私は絶対に積まないようにしています。(室内積み込み)
なので下の画像でも分かるように、パッと見スキーに行く車には見えず、ここでも驚かれます。
  1. 2005/03/07(月) 20:12:09|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

XANTIAスキー2

xantia-snow.jpg


行く道中の高速道路もハイドロの威力で実に楽ちんドライブでした。往復約1000km、ほぼ一人で運転しましたが疲れもさほど無く、まだまだ走れそうでした。
しかしこればかりは体験した人間でないとなかなか理解できないことなのでしょう。
今年は豊富な雪に恵まれ、行きは雪道走行が続きましたがスタッドレス装備のXantia、危なげなく走破しました。燃費も良好ですので満足度高し。(120巡航で約12~13km/L位でしょうか)
しかし知名度の低さは相変わらず。車に興味無さそうな人には、外車なんですね、と言われました。。彼の目には国産に映っていたんでしょう。。。
  1. 2005/03/06(日) 23:10:48|
  2. 自動車一般|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

XANTIAスキー

家のXantiaで会社のスキー大会がある長野へ行きます。
今回は幹事で荷物が多いのですが、リヤシートを倒すとスキーセットと荷物3人分+@を
楽に飲み込んでくれます。やはり実用性能には優れています。
FFですがスタッドレスさえ履いていればXantiaは雪道に強いですし、特に困ることはないですね。

以前スキーに行く道中、雪の登りをいいペースで走っていると一緒に走っていた国産4駆組が
全く付いて来れず、ゲレンデに到着したときに不思議そうにタイヤを見て、この車4駆?というので
FFである事を告げるとびっくりしていた事を思い出しました。
まぁ、雪道では「急」が付く動作を行えば4駆でも暴れますし、逆に「急」が付く動作をしなければ
よほどの条件でない限りFFでも問題ないのですが。。。雪国の方なら必需品なんでしょうけどね。そこら辺を理解してない人って都心には結構多いと思います。
  1. 2005/03/05(土) 00:00:39|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

オイルねた

最近の車は0W-20といった超サラサラな油を使用するのが多いですね。(私の車など無縁ですが)
先日主治医の元を訪ねるとベンツAクラスのブロックが転がっていました。見ると内部は黒いヘドロ状の固まりだらけ。
聞けば6万キロオイル無交換(!)だったとか。
さすがにそれだけ替えないとサラサラもヘドロと化し、その結果焼き付きを起こしたようです。さすがにクレーム処理もしてもらえなかったとか。。。当然と言えば当然ですが。。
しかし、最近この程度のトラブルは日常茶飯事のようですね。
車が家電化し、ボンネットさえ開けたことの無い人が増えているのでオイルって何?という人も増えているので仕方ないのかもですね。
ちなみにDSの当時の取説を読んでいるとエンジンオイルは3000kmで交換すること、と書かれています。車の調子を感じながら走らせる、という点では旧車の方が楽しいですね。

ちなみに、その焼き付いたピストンとコンロッド、オブジェ用にもらって帰りました^^。
  1. 2005/03/04(金) 00:04:45|
  2. 自動車一般|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

B2H錠剤

B2H.jpg

S47年以前の車ではバルブシートの材質が有鉛ガソリン仕様のため、現代の無鉛ガソリンでは徐々に異常磨耗を生じて、エンジントラブルを引き起こす可能性がある、というのはHP上でも書いた通りです。
以前はその為、鉛添加剤等を入れていたようですが最近はあまり見かけません。
先日のレトロモービルでそれらのトラブルを未然防止するというB2Hなる品物が売っていました。
見た目には鉛の固まり(直径2センチ位)で、それをガソリンタンクに入れるだけ。それで効果は半永久的に無鉛ガソリンでも走行できるとのこと。
気になるお値段は排気量によって入れる数は異なるようですが、1錠で約1万円。自分は小遣い不足でしたのでパンフをもらっただけです。現地の人曰く、旧車には必需品とのことでした。ヘッドO/Hしてバルブシート打ち替えている車は必要ないですが、そうでない車にはいいかも知れませんね。
  1. 2005/03/03(木) 23:23:06|
  2. 自動車一般|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

鳥取ワイン

会社の同僚から鳥取土産でワインを貰いました。
最初「HOJYO WINE」と書いてあったので、ホジョワイン?なんじゃそれ、と思っていたら「北条ワイン」。。。
ラベルによると古くは明治時代から砂丘農業において葡萄造りが盛んな土地だとか。。。全然知りませんでした。
さてお味はいかほどに?!
houjyous.jpg

  1. 2005/03/02(水) 19:55:36|
  2. 日常|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。